日記・コラム・つぶやき

2022年9月23日 (金)

22.9.23果物情報

22923 22923_20220923202001 22923_20220923202002 22923_20220923202003
豊水とかおりが終了し、あきづきと南水が登場します。
あきづきは生産農家がこれ以上がない、いらないと思わせる梨だそうです。
確かに食感、甘みと旨み、果汁たっぷりでみずみずしい傑作梨だと感じます。
次に登場してくる甘太と甲乙つけがたい最高級のものです。
写真3枚目と4枚目は南水です。糖度だけならトップクラスですね。
毎日10時以降、電話で在庫確認してからご来園ください。
よろしくお願いします。

2022年9月17日 (土)

22.9.17果物情報

いよいよ先が見えてきました。
豊水とかおりは、あと数日で終了となります。
その後はあきづき、南水、新高、甘太となってゆきます。極上梨が続きますね。
しかし、本数が少ないため、いつも店頭に並ぶわけではありません。
毎日午前10時以降の電話確認の上、ご来園よろしくお願いします。

2022年9月 3日 (土)

22.9.3果物情報

2293 2293_20220903213301 2293_20220903213302 2293_20220903213303
梨は豊水が最盛期となっています。少数ですが、秋麗と写真の八達がありました。この二種は
只者ではない糖度と美味しさを見せてくれました。また来年です。
次に登場するのが、二番目の写真のかおりです。こちらは人気種ですので、あらかじめ電話確保
が確実ですね。三番目が当園の糖度ナンバーワンの南水があと三週間後くらいです。
豊水梨の応援演説をしますと、当園ではほぼ完熟したものを収穫していますので、糖度が幸水よりも
高くなっているのも珍しくありません。ここに酸味が加わるため、絶妙な美味しさとなっています。
これぞフルーツと言える果物です。(酸味が苦手な方はこの限りではありません)
さて、桃の話です。写真はラストに近くなった幸茜やさくら、西王母です。今の桃は糖度が大変
高く、先日、西王母の完熟を計測したら、なんと20度!ちょっと甘すぎかな。
悲しいのは写真のような色です。シートを敷けば赤くなるのでしょうが、手間がありませんし、ゆっくり
人気が出てくれればいいと思ってます。一ヶ所お世話になっている直売所では最後まで残っていることが
あります。1パック600円だから皆さん買ってねー。
長くなりました。誤字脱字は勘弁です。

2022年8月28日 (日)

22.8.28果物情報

Photo_20220828194602 Photo_20220828194601
今年もお客様にお座りいただけません。
早くコロナが収束することを願っています。ゆっくり試食などしてもらってから
購入していただくのが当園のパターンでした。
珍しくタマムシくんが現れました。エサとなるエノキはそこら中にあるので、たまに
飛び出してきます。エノキと言えばオオムラサキですが、ここは標高が足りないな。

さて、果物情報です。梨は本日にて幸水が終了し、豊水になりました。
秋麗も販売中ですが、こちらはもうじき終了になります。当園の梨では、糖度が上から
二番目でしょうか。
八達はいま少しだけあります。甘いしどこか洋ナシのような感じです。
桃はさくらという名の桃と幸茜(さちあかね)、西王母(せいおうぼ)となってゆき、本年度
の桃すべてが終了となります。毎日AM10時以降の電話でわずか受付させていただいて
おります。よろしくお願いします。

2022年8月24日 (水)

22.8.24果物情報

幸水梨はそろそろ終盤となりました。
豊水梨に変わる前に、当園では糖度15度トリオの先頭バッター「秋麗」(しゅうれい)が
本日より登場します。数に限りがございますので、電話キープにてよろしくお願いします。
また、さらに少ないですが八達(はったつ)やほしあかりも出てきます。

桃は現在、美香(みか)となっており、近く幸茜(さちあかね)になります。いずれも数が少なく、
店頭に並んでない場合があります。毎日10時以降の電話確認よろしくお願いします。

2022年8月15日 (月)

22.8.15果物情報

桃は終盤となりました。
川中島白桃や黄金桃、ゆうぞらはそろそろ終了し、その後はわずか
幸あかねなどの最後の桃になります。本年度の桃は気象が悪るく
ダメかと思いましたが、小粒でもそれなりに甘さがあっていい年と
言える結果で終了することができます。
一方、梨のことですが、みなさんにはご迷惑をおかけしております。
桃同様、気象の変化、特に遅霜とヒョウの影響により大変出来が悪い
年となっております。本日をもちまして次の豊水の箱注文も終了と
させていただきます。申し訳ありません。
すでに来年に向けてどう改善してゆくか、対処すべきか考えはじめ
ました。長い道のりです。頑張るしかありません。
あまりにも気候変化が激しければ、選択肢として廃業も考えなくては
なりません。細々と桃だけにするのも手かな。被害が少なくてすむ。
まあいろいろ考えてんべえ。

2022年8月 9日 (火)

22.8.8果物情報

2288_20220809165601 2288_20220809170101 2288_20220809170102 2288_20220809170103
桃はピークを越えました。黄金桃、川中島白桃もそろそろ終わりになり、
本日はゆうぞらも収穫しました。お盆まで残っているか心配です。その後は幸茜や
さくらで本年度の桃は終了となります。西王母が最終ですが収穫できるかわかりません。
梨は写真のなつしずくや愛甘水がピークですが、数に限りがあります。
幸水は12日頃からの予定です。よろしくお願いします。

2022年8月 5日 (金)

桃のケーキ

1659324642874 1659324638747 Dsc_1940
当園の桃を購入され、お子様のバースデーケーキを毎年作るというI様から
写真をいただきました。
いいですねえ!美味しそうですねえ。6歳(プラス60歳)の僕にも作って
食べさせてくださーい(指導を受けてる身です。絶対にエサを与えないでください)

22.8.5果物情報

梨がわずかながら始まりました。
愛甘水、新水、なつしずくなどです。幸水は本格的には12日くらいでしょう。
桃は清水白桃やまなみ、なつっこ、一ノ宮白桃、なつおとめが終了となり、
今後は川中島白桃や黄金桃、ゆうぞらにシフトしてゆきます。
いずれの桃も3~5本程度しかございませんので、予約の電話で確認の上、
ご來園いだきますよう、よろしくお願いいたします。

2022年7月23日 (土)

果物情報22.7.23

22723 Photo_20220723110801
情報をおつなぎします。
現在、写真のつきあかりと、浅間白桃、あかつき 白鳳が最盛期を迎えております。
是非ご賞味ください。
朝採り桃は当日中はやや硬く、2日くらい経ったときに最高の糖度と食感が得られます。
4個入りを毎日1個づつ食べてみるのもいいですね。

次の桃はお待ちどうさまでした。まなみの登場です。清水白桃とともに農園最高峰り桃
が出てまいります。好みの問題ですが、その次の川中島のほうがいいという方もおりますし
すでに終了となった加納岩白桃もファンが多いようです。
極めつけは黄金桃でしょうね。完熟する直前の予約のみとなります。またおつなぎしますね。
よろしくお願いします。

その他のカテゴリー